まなざしの工房あそび--素材 1よもやま--素材 2いっぷく--素材 3つれづれ--日記だんらん--掲示板・メールおいたち--プロフィールみちくさ--リンクおまけ--写真&ゲーム


2004・京都の夏

2004・京都の桜

2003・京都の秋

2003・京都の夏

 

 

 

2003年7月14日 宵々々山  15日 宵々山  16日 宵山

夕方6時になって四条通りが歩行者天国になると、
あちこちから一斉に人が溢れ出てきます。
月鉾もきれいに出来上がってます。
一番人気の長刀鉾。ここの「ちまき」も一番人気。
はよう買わんとなくなるぇ。
これはちょっと変わった形をした船鉾。
神功皇后の説話からこの形になったそうな。
うろうろしてる内にすっかり夜。四条通りに戻ってきたら
これまた、ものすごい人。
こんちきちんと、お囃子の行列がきた。
この行列は船鉾だな。
もう一回月鉾まで戻って来て
提灯の写真を一枚、パチリ。
京都に住んでる人で山鉾巡行は見たことない
という人はいるかも知れませんが
宵山には行ったことはあるんではないでしょうか。
露店も出て楽しい!
多い時は一晩で60万人が繰り出すとか‥‥
さすが京都なのでしょうか。
ゆかた姿がすごく多いですね。ほっこりします。
夕空に映えるシルエットがきれい。
月鉾です。
こちらは綾傘鉾。
傘をかざして歩く、という祭りの原点に近い鉾らしい。
はるか彼方にある鉾まで人でびっしり。 警官が怒鳴ってる。
「立ち止まらないで、歩いてくださーい」
あっ、こんどは月鉾のお囃子の行列だ。
写真ではお囃子の音が聞けないのが残念。
たのしかったよ〜。って雰囲気のうしろ姿。
足取りも軽やかに帰って行く親子のゆれる風船。